平清盛ゆかりの地。神戸、京都、三重、広島へ。

六波羅蜜寺(京都市東山区)

ここでは、平清盛の代まで平家一門の邸宅が連なっていた場所として知られ、また清盛の坐像が所蔵されているゆかりの地、六波羅蜜寺を紹介します。

平家一門の邸宅が並んでいた六波羅

六波羅蜜寺平家と六波羅のつながりは、清盛の祖父である平正盛が六波羅蜜寺付近に邸宅を構えたことに始まります。

清盛の家系である伊勢平氏は文字どおり、伊勢(三重県)を本拠としていました。やがて、祖父の正盛、父の忠盛が京都の中央政権に食い込むようになり、京都に滞在する時間も増えていくようになります。そのための邸宅を建てたのが、現在の六波羅蜜寺付近とされています。

そして、正盛、忠盛、清盛と代を重ねるごとに、六道珍皇寺や方広寺を含むエリアまで、平家一門の邸宅は広がっていきました。

現在、六波羅蜜寺には清盛の坐像が所蔵されています。正式名称は「平清盛公坐像」といい、経巻を手にして一門の武運長久を祈願し朱の中へ血を点じて写経している様子をモチーフとしているとのこと。

平家物語などで描かれている「驕れるもの」といった傲慢さはなく、仏者としての気品が漂うもので、国の重要文化財にもなっています。

平治の乱における清盛の重要拠点

平治の乱は、後の武家政権確立のターニングポイントとなった出来事です。この戦いで、六波羅一帯の平家一門の邸宅は、軍事的な拠点としての役割を果たしました。

藤原信頼らによる三条東殿襲撃が起きた際、清盛は熊野詣でに向かっており、紀州(和歌山)でその報を聞きました。当初、清盛は九州へ落ち延びることも検討したようですが、紀伊の武士達の協力をへて、急ぎ六波羅へ帰還します。

そして二条天皇を密かに内裏から六波羅の清盛邸へと脱出させることに成功(二条天皇の六波羅行幸)。これによって清盛は官軍としての大義名分を得て、藤原信頼、源義朝との決戦に打って出ます。

その際、清盛は内裏が戦場となるのを避けるために六波羅に敵を引き寄せる作戦を実行します。つまり六波羅は清盛の邸宅跡というだけでなく、平治の乱の主戦場跡でもあるのです。

この六波羅合戦で清盛は勝利し、藤原信頼は斬首、源義朝は敗走途中で家人の裏切りに遭い絶命しました。後に宿敵となる義朝の息子・頼朝は、伊豆へ流罪となります。

もともと、平治の乱は後白河上皇と二条天皇の権力争いに端を発していますが、面白いのはこの合戦後、清盛は二条天皇に肩入れすることなく中立の立場で権力を増していきます。

そこには天皇の存在さえも自分の戦略に利用する策略家の面が見てとれます。そうして着実に平家一門から要職を排出していき、ついには武家政権の棟梁となるのです。

 
平清盛ゆかりの地~平家の栄華をたどる~