平清盛ゆかりの地。神戸、京都、三重、広島へ。

蓮光寺(京都市下京区)

ここでは平清盛に関する逸話が残るゆかりの地、蓮光寺を紹介します。また、平治の乱の決戦地となった六条河原や、清盛に敗れ東海道を敗走した源義朝が最期を迎えた愛知県知多郡美浜町の大御堂寺(野間大坊とも呼ばれます)についても併せて触れています。

清盛が発見したとされる「駒止地蔵」

蓮光寺平治の乱の決戦地となった六条河原にほど近い、京都市下京区の蓮光寺には、清盛にゆかりの深いものが祀られています。それは「駒止地蔵」というもの。元々は弘法大師空海の作と伝わり、六条河原に祀られていたそうですが、洪水によって流され行方が分からなくなっていました。それを発見したのが清盛とされています。

ある日、清盛が馬に乗って六条河原に差しかかった際、急に馬が動かなくなりました。不思議に思った清盛がその場所を掘ってみると、地蔵が出てきたそうです。この伝説から「駒止地蔵」と呼ばれるようになったとのこと。なお、蓮光寺の拝観には事前の予約が必要です。

平治の乱の決戦地となった六条河原

六条河原について見ていきましょう。平治の乱以外にも、歴史に頻繁に登場する六条河原とは、六条大路末の鴨川河原一帯をさし、現在の五条大橋の南に相当します。

当時より東国への街道に通じていたことや、葬送地である鳥辺野にほど近いことから、平安時代末期にはすで合戦場、処刑場、首級の受け渡し場所となっていました。

この六場河原もまた、清盛にとって様々な因縁のある場所です。平治の乱に先立つ保元の乱では、叔父の平忠正と従兄弟の長盛・忠綱・政綱・通正らが斬首され、清盛の死後には嫡男の宗盛と孫の清宗がやはり斬首されています。

また、平治の乱では藤原信頼・源義朝を打ち破り、戦いに勝利した場所でもあります。

敗走する源義朝が迎えた最期

平治の乱の敗者である源義朝の最後についても触れておきましょう。六条河原で敗れた義朝は、東国で体制を立て直すべく東海道を逃走します。しかし、度重なる追撃や落ち武者狩りに襲われ、手勢も弱体化し、息子の頼朝もはぐれたうえ捕らえられてしまいます。

ほうほうの体で尾張(現在の愛知県美浜町)に辿り着いた際、もともとの家人であった者の元に身を寄せますが、この家人の裏切りに遭い、入浴中に打ち取られたとされています(一節には裏切りを察知し、自害したとも)。

義朝の墓は大御堂寺(野間大坊)にあり、境内には義朝の首を洗ったとされる「血の池」と呼ばれるミステリアスな史跡も。国に異変があると、池の水が赤く染まるという伝説があるそうです。

 
平清盛ゆかりの地~平家の栄華をたどる~