平清盛ゆかりの地。神戸、京都、三重、広島へ。

三十三間堂(京都市東山区)

ここでは平清盛とゆかりのある三十三間堂について、建立の意図や歴史的エピソードをご紹介します。

建立の理由とは?

三十三間堂(正式名称は蓮華王院本堂)は、1164年ころに後白河上の命令を受けた、平清盛によって建立されました。もともと三十三間堂が建てられた場所には、後白河上皇の離宮があり、その一角に建てられたといわれていますが、なぜたてられたのか、その理由や目的は分かっていません。

完成当時は朱色に塗られ、五重塔や不動堂などもあり、スケールが大きく豪華な建築物といして神々しいまでの美しさであったと想像されます。建立から約80年後に焼失したものの再建され、その後も修理を繰り返して、現在の美しい姿をとどめています。

世界で一番長い木造建築

三十三間堂の名称の由来は、正面の柱間が33あることから。内部には1001体もの観音像がずらりと並び、観る者を圧倒します。それらの立像の中には、会いたい人に似た顔が必ずあるという不思議な伝説があり、観る人の目を釘付けにします。

現存する像のほとんどは、鎌倉時代に再建されたものですが、中には三十三間堂建立当時のものあります。

「通し矢」は京都の名物に

三十三間堂で行われる通し矢(弓引き初め)は、全国でも有名な京都の風物詩です。

これは、江戸時代に行われた行事にあやかったもので、現在では毎年正月に、新成人が矢を打ち、的に当てる腕前を競いあい、女性も晴れ着姿で参加します。静寂の三十三間堂に矢を放つ音が響く、荘厳な行事を体験しようと、毎年多くの観光客が足を運びます。

 
平清盛ゆかりの地~平家の栄華をたどる~