平清盛ゆかりの地。神戸、京都、三重、広島へ。

清盛生誕の地(三重県津市)

ここでは、平清盛とその父・忠盛の生誕地、そして彼らの祖先であり伊勢平氏発祥の地として知られる平家ゆかりの地、三重県津市の史跡を訪ねます。

平氏発祥の地とされる伊勢産品

忠盛塚三重県津市には、「忠盛塚」という平清盛の父・忠盛の生誕地であるという史跡が残されています(あくまで伝承地であり、確かな記録が残っているわけではありません)。

忠盛塚は正式には「平氏発祥伝承地」といい、また別名で「胞衣塚」ともいわれます。胞衣とは、母体の中で胎児を包んでいた膜や胎盤の事を指し、当時は生後5日目、もしくは7日目の吉日に、胞衣を壺などに納めて埋める「胞衣納儀」という信仰があったそうです。

この忠盛塚は、忠盛が産まれたときの胞衣を埋めた場所とされているのです。また、近くには忠盛が産湯を使ったとされる産湯池も残っています。

平清盛の生誕に関するミステリー

父の忠盛と同じく、清盛もこの伊勢産品で産まれたとされていますが、実はその生誕には諸説があります。その一つが、生母が不明である点。有力な説としては、祇園女御もしくはその妹とされています。また忠盛は養父であり、実父は白河法皇であるとの説もあります。

「八坂神社(京都市東山区)」および「厳島神社(広島県廿日市)」のページでも、これらの説について述べていますので、興味のある方はぜひご覧ください。いずれにせよ、このような謎を自分なりに推理・推測してみるのも、歴史探訪の楽しみの一つですね。

歴史上で最も頭角を現した伊勢平氏

忠盛・清盛親子が棟梁を務めた伊勢平氏についてもまとめましょう。伊勢平氏は数ある平氏一族の中でも、歴史上で最も頭角を表した一族と言えます。初代平維衡が伊勢守として在任して以来、正度、正衡、正盛、そして清盛の父・忠盛と代々伊勢国や隣接する伊賀国に勢力を張っていきます。

忠盛の代となると中央に進出するとともに、海賊追捕などで武功を重ね、熊野や瀬戸内海の強大な水軍を支配しました。そして、院政政権の側近として活躍するようになり、交易により財力も蓄えていきます。

ちなみに“平家(へいけ)”と呼ばれるのは、平氏一族のなかでも伊勢平氏の系統(六波羅流とも呼ばれます)であり、清盛はまさに平家を代表する人物と言えるでしょう。そんな伊勢平氏の平氏発祥伝承地とされているのが、三重県津市なのです。

 
平清盛ゆかりの地~平家の栄華をたどる~