平清盛ゆかりの地。神戸、京都、三重、広島へ。

祇王寺(京都市右京区)

ここでは、平清盛とゆかりのある祇王寺について、平家物語の有名なエピソードや見どころを紹介します。

清盛の寵愛を受けた祇王

祇王寺の門祇王寺の由来である祇王(ぎおう)は、平家物語に登場する美しい白拍子でした。
祇王そして祇女の美しい姉妹の評判は高く、平清盛にも届いたといいます。
その舞を観たことをきっかけに、清盛は姉の祇王を寵愛するようになります。

しかしあるとき、同じく白拍子の仏御前という女性が清盛の前に現われ、舞を踊ります。
するとなんと彼は、仏御前に心を奪われてしまったのです。

祇王に恩を感じるところのあった仏御前は、彼女に遠慮し、寵愛を受けることにとまどいました。
すると清盛は祇王を追い出してしまいました。

ショックを受けた祇王は、彼女の母親とともに尼となる決意をし、祇王寺にこもったといわれています。

女性の悲哀を感じさせる祇王寺の佇まい

祇王寺外観祇王寺は竹林に囲まれた嵯峨野の山奥にあります。
本堂には平家物語で語られた悲しいエピソードを物語る、祇王と清盛らの木造が安置されています。
周囲は苔むし、ひっそりとした非常に静かな空間で、屈辱の後尼となって半生を過ごした祇王の悲しみが偲ばれます。
実は祇王寺は、江戸時代末期まで広大な敷地を誇った、法然上人の弟子である良鎮によって建てられた往生院という尼寺でした。

しかし明治時代に荒廃していました。
この荒廃した寺を再生させたきっかけが、この平家物語に残る祇王の悲哀でした。
当時の京都府知事が「祇王寺」と名付けてそのエピソードとともにこの尼寺を残していこうとしたのです。

見どころとして有名なのが祇王寺にある「吉野窓」です。
窓から差し込む影が虹色に見えることがあり、美しい情景がみられることで来場者を楽しませています。

拝観料は300円で境内を自由に見て回ることができます。

 
平清盛ゆかりの地~平家の栄華をたどる~