平清盛ゆかりの地。神戸、京都、三重、広島へ。

平家一門栄華の地へ|平清盛ゆかりの地を行く

このカテゴリでは、平清盛と父・忠盛の生誕から、立身出世を果たしていく過程でのゆかりの地をたどっていきます。

清盛の生誕から平家一門栄華の道のりまで

まずは現在の三重県津市。かつては伊勢産品と呼ばれ、忠盛・清盛親子の生誕の地といわれています。二人が棟梁を務めた伊勢平氏の発祥地についても調べてみました。

八坂神社次に、京都市東山区の八坂神社。かつては祇園社と呼ばれ、祇園祭発祥の地でもあるこの観光名所には、清盛にまつわる2つの大きなエピソードが伝えられています。

続いては、京都市下京区の若一神社。一見すると京都市内に多数ある小さな神社の一つですが、実は清盛が京に在住していた折り、別邸である西八条殿を築いた地が他ならぬこの場所です。また同神社のシンボル的存在となっている楠の大樹もまた、清盛ゆかりの木であるとされています。

厳島神社そして最後に控えしは広島県廿日市の厳島神社。清盛が深い信仰を寄せたことで知られています。日本三景のひとつ安芸の宮島であり、ユネスコの世界文化遺産にも登録される日本屈指の観光名所です。

 

これら4つの清盛ゆかりの地について、それぞれページで詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

 
平清盛ゆかりの地~平家の栄華をたどる~